立冬

炉開きは茶人にとって大切な日。普段の稽古とは違う装いになります。

こちらは炉開きにふさわしい束ね熨斗の附下。熨斗の中の華やかな慶長文様と、精緻な描き疋田や亀甲、七宝がポイントです。織のしっかりした袋帯や名古屋帯、刺繍の袋帯、綴の名古屋帯などを合わせて。

#京正の二十四節気 #室町京正


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

謹賀新年

松の柄は、王道とも描き尽くされたとも言われますが、細く重なり合う松葉の繊細さ、あらし(松の枝)の伸びやかさなど、作る毎に違う表情を見せてくれます。前柄は松鞠。無地調子のきものに合わせると、清々しくも凛々しい雰囲気に。実は僕の得意な柄のひとつです。 #京正の二十四節気 #室町京正 #京友禅

蒔絵

琳派

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

京都市中京区室町通六角下ル鯉山町512 |  info@muromachiacademia.com  |  TEL 075-221-3137  |  FAX 075-221-0061

© 2018 by Muromachiacademia All right reserved.