美しいものを

‪こういうときだからこそ、これぞ美というものを。生地そのものが光を放つような「京繍」の附下です。刺繍の作品はとかくボリュームを強調しがちですが、これは出ず控えすぎずの究極の表現。生地が映えるように、糸が映えるようにとの組み合わせで完成しました。#室町京正の二十四節気 #京繍 #室町京正


29回の閲覧
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

京都市中京区室町通六角下ル鯉山町512 |  info@muromachiacademia.com  |  TEL 075-221-3137  |  FAX 075-221-0061

© 2018 by Muromachiacademia All right reserved.