第5回講座を行いました

1月19日に臨済宗相国寺派眞如寺にて第5回講座「美しい身のこなしと所作」を行いました。お茶室にて江上住職によるご挨拶の後、講師の吉澤暁子先生による美しい所作を実践を交えわかりやすくご講義いただきました。禅寺の凛とした空気の中、受講生の皆様方が装いの奥深さを感じていただけたのではないかと思います。

この第5回講座をもって、第1期室町アカデミアの全ての講座を終了いたしました。 京友禅の至高の学び舎として昨年10月よりスタート致しましたが、毎講座満席というとても有り難い形で終えることができました。 室町アカデミアは今までの着物講座にありがちだった、製作工程見学や知識注入ということではなく、モノづくりの現実やその背景にあるもの、そして色、柄の中にある感性や視点、それにおける表現、そしてそれらを纏うための個々の美学などを学び、感じて頂けるようなないように努めてきました。 これから第2期、3期と続けていくためにはまだまだ足りないことや伝えたいことがあります。そのために更に磨き上げ、受講生にとって実りある学び舎にしていきたいと思います。







67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

謹賀新年

松の柄は、王道とも描き尽くされたとも言われますが、細く重なり合う松葉の繊細さ、あらし(松の枝)の伸びやかさなど、作る毎に違う表情を見せてくれます。前柄は松鞠。無地調子のきものに合わせると、清々しくも凛々しい雰囲気に。実は僕の得意な柄のひとつです。 #京正の二十四節気 #室町京正 #京友禅

立冬

蒔絵